DAYLILY

magazine

有楽町マルイ店Sister募集中!誠品生活日本橋店のMegumiに、Sisterのお仕事や働き方について聞きました♪

DAYLILY STORY 2020.03.26

編集:深谷千尋

現在DAYLILYは、4月下旬の有楽町マルイ店オープンに向け、同店で働いてくださるSisterを募集しています
 
この募集に関して、DAYLILYのお店での仕事や働き方について知りたいと思い、誠品生活日本橋店のMegumiに聞いてみました!
 
 

 
小松愛実/Megumi
静岡県出身。大学で栄養学を学び、管理栄養士の資格を取得。卒業後はドラッグストアに勤務し、店舗運営について学びながら医薬品登録販売者の資格を取得。退職後の2019年9月より、DAYLILY誠品生活日本橋店でオープニングスタッフとして働く。DAYLILYのお気に入りアイテムは、Eat Beau-Tea ~ My Favorite Things

 
就職して感じた違和感と、上京
 

Megumiさんは、DAYLILYで働くために静岡から上京してきたと聞きました。
 
Megumi
はい、その通りです。
 

上京するって大変なことだと思うのですが、DAYLILYの何が、Megumiさんをそこまで惹きつけたのでしょうか。
 
Megumi
魅力を感じたのは、DAYLILYの思想と、その思想から生まれるおしゃれでかわいい商品たちです。
 
わたしは子供のころから食べることが大好きで、その大好きな食べることが、美容や健康にどのように繋がるのかにも興味がありました。それで大学で栄養学を学びました。
 
卒業後は、学んだことを活かそうとドラッグストアに就職したのですが、そこで医薬品担当スタッフをしていた時、「こういう症状には、どの薬が効きますか」と聞いてくるお客さまが多いことが気になりました。栄養学を学んでいたわたしは、「不調は薬で治すもの」という考え方に違和感を覚えたんです。ドラッグストアの医薬品担当なのだから、聞かれて当たり前の質問なんですけどね(笑)。
 

 
Megumi
その後医薬品について勉強する中で、漢方の「養生」という概念を知りました。日々の食事や過ごし方に気をつけて、自分の健康をつくっていく考え方です。それがしっくりきて、自分で漢方のことを調べていた時にDAYLILYに出会いました。
 

では、もともと漢方への共感があって、そのうえでDAYLILYに出会ったのですね。
 
Megumi
はい。DAYLILYは、漢方の考え方はそのままに、日常に取り入れやすいよう漢方をリデザインしているところが素敵だなあと。DAYLILYを知って、その商品を見て、とてもワクワクしましたし、このワクワクを一人でも多くの人に知ってもらえるような手伝いがしたい、DAYLILYで働きたいと思いました。
 

お店へお越しくださるSisterたちにDAYLILYのアイテムをお試しいただけるよう準備中♪

 
漢方に詳しくなきゃ働けないわけじゃない
 

そうして上京し、実際にDAYLILYのお店で働き始めたのですね。
Sisterたちは、具体的にどんなお仕事をしているのでしょうか。
 
Megumi
店頭での主な仕事は、お店にいらっしゃるSisterとお話しすることです。体調に関するご相談に乗ることもあります。
 

 

体調に関する相談にも乗るのですね……難しそうです……。
Megumiさんは栄養学やドラッグストア勤務というバックボーンがありますし、他のSisterたちも、漢方や心身の健康について専門的に学ばれた方が多いのでしょうか。
 
Megumi
漢方に詳しい人や学校に通って勉強している人もいますが、DAYLILYで働くうえで、最初から詳しくある必要はないと思います。例えばわたしは、DAYLILYで働くことになった時、前職で取り扱っていた漢方薬についての知識が少しあるだけで、そこまで漢方に詳しいわけではありませんでした。
 
でも、オープン前の研修で、DAYLILYの商品についてEriさんとMoeさんから説明を受けたり、店頭で相談を受けてわからなかったことを自分で調べたり、一緒に働くSisterに教えてもらったりして、少しずつ漢方に詳しくなってきたと思います。
 

 
Megumi
なので、働き始めてから知ったことや学んだことの方が多いです。EriさんもMoeさんも、「わからないことがあったらいつでも聞いてね」と言ってくれますし、一緒に働くSisterたちも、漢方に関するセミナーの情報などを教えてくれます。
 
なので、最初から漢方に詳しくある必要は無いです。それよりも、わからないことがある時に、他のSisterに聞いたり自分で調べたりできることが大切かなあと思います。
 
 
店頭以外のお仕事のこと
 

その他にはどんなお仕事があるのでしょうか。

Megumi
店頭以外だと、今は契約社員として働いているので、発注業務も担当しています。
 
誠品生活日本橋店のSister募集はアルバイトとパートのみでしたが、フルタイムでシフトに入っていたところ、EriさんとMoeさんに「DAYLILYの社員になって、店頭以外の仕事も手伝ってもらえたらうれしい」と言っていただき、このようになりました。発注業務をしていると、たくさんの人たちの関係の中でDAYLILYの商品ができているんだなあと感じます。
 

 

つい最近、わたしからMegumiさんに、DAYLILY Magazineの「Sisterのお気に入り」というシリーズ企画のため、記事執筆のお仕事もお願いしました。
 

SisterのYukoによる、Annin Beau-Tea 台湾甜杏仁茶を紹介する記事

 
Megumi
はい。普段、DAYLILY Magazineの記事は読む側なので、「つくる側にまわれるなんてすごい」と、依頼を受けてなんだか感動しました(笑)。できるのか不安ではありましたが、わたしと同じような心身の悩みを持つ方に届いくといいなと思いながら書きました。
 

その思い、Megumiさんが書いた原稿から伝わってきましたし、きっと、お店にいらしたSisterともそういう思いでお話ししているんだろうなと想像しました。
早くみなさんにお届けできるよう、編集を頑張りますね。
 
 
楽しくヘルシーに働くこと
 

Megumiさんは契約社員として働いているとのことでしたが、他のSisterたちはどんな働き方をしているのでしょうか。
 
Megumi
誠品生活日本橋店のSisterたちは、もともと他にメインのお仕事や何かやりたいことがあって、DAYLILYをサブのお仕事にしている方が多い印象です。学生さんもいればお子さんがいる人もいますし、みんな、そうした「本業」とのバランスをとってDAYLILYで働いています。
 

Megumiさんも他のSisterも、それぞれのスタイルに合わせて働いているのですね。
DAYLILYのSister募集概要を見て、「楽しくヘルシーに働きたい方とご一緒したい」と書かれているのが気になりました。Megumiさんは、DAYLILYでのご自身の働き方についてどう感じているでしょうか。
 

有楽町マルイ店Sister募集概要

 
Megumi
楽しくヘルシーに働けていると思います。労働環境のようなことで言うと、週休二日で残業はないですし、休みの希望も聞いてもらえます。
 
実は、日本橋店オープン直後のとても忙しい時に大好きな祖母が亡くなったのですが、「大切なことはちゃんと優先しなきゃダメだよ」と、Eriさんがすぐにシフトを調整してくれました。わたしも家族もとても感謝しています。
先月は、生後半年ほどの甥っ子に会いにいくために連休ももらいました!
 

 
Megumi
また、わたしは自分の思いや考えにフィットしないことをすると精神的に消耗してしまい、それが体調不良につながることもあります。なので、わたしが楽しくヘルシーに働くためには、会社と自分の考え方にズレが無いことが重要なんです。
 
DAYLILYは、そのフィロソフィーが自分にしっくりくるし、一緒に働くSisterたちも、DAYLILYのフィロソフィーに共感して集まった方ばかりです。会社や一緒に働く人たちと同じ思いを共有できていることで、楽しくヘルシーに働けていると思います。
 

 

思いを共有できている。すごく素敵なことですね。
楽しくヘルシーに働くことがどんなことかは人によって様々だと思うのですが、今回Megumiさんのお話を聞いて、DAYLILYには、その様々な形を肯定してくれる雰囲気があるように感じました。
お仕事のことや働き方のこと、そしてMegumiさんのこと、教えていただきありがとうございました!

Megumi
こちらこそ、ありがとうございました!Sisterとして働いてみたい方、働きたいけど迷っている・踏み出せずにいるという方に届いたらうれしいなと思います。
 

 
 
●関連記事や応募フォーム●
 
Sister募集中の有楽町マルイ店について、お店をつくることになった経緯などをこちらの記事でお伝えしています。
4月下旬、DAYLILY日本3号店が有楽町マルイにオープン!新商品や参加型のオープニング企画も準備中です!
 
有楽町マルイ店Sister募集に際してのEriとMoeからのご挨拶はこちらをご覧ください。
【Sister募集】4月下旬、有楽町マルイ店オープン!DAYLILYで一緒に、女性たちをヘルシーにしてくれる方を募集します♡
 
募集概要と応募フォームはこちらです。
DAYLILY Sister募集概要・応募フォーム
 
ご応募をお待ちしております!