DAYLILY

magazine

【China Shoes 前編】漢方のライフスタイルブランドなのに、チャイナシューズ?販売のきっかけや理由を Moe と Eri に聞きました♪

DAYLILY STORY 2020.07.25

DAYLILY が、チャイナシューズを販売していることをご存知でしょうか。

一番人気の白百合。DAYLILYでチャイナシューズを買うと、オリジナルのシューズ袋もついています♡

一号店である台北旗艦店のオープン以来、他の漢方アイテムに混じって当たり前のように並んでいるのですが、よく考えると、漢方のライフスタイルブランドがチャイナシューズを扱っているのは、ちょっと不思議ですよね。

そこで今回は、チャイナシューズを扱うことになったきっかけや理由について、CEO の Moe と COO の Eri に聞きました^^
また、つづく後編では、DAYLILY で働く Sister たちが、普段、どんな服と合わせてチャイナシューズを履いているかもご紹介します♪

旧正月限定で販売した赤いチャイナシューズ。

出会いと再発見

DAYLILY とチャイナシューズの出会いは、2017年。Moe と Eri が初めて一緒に台湾を訪れたときのことでした。

Moe
「わたしが台湾で最初に買ったものがチャイナシューズでした。台北のセレクトショップで見かけたんです。その当時、日本では全然見たことがなくて、『刺繍が入っていてかわいい!それにラクそう!』と2足買いました。」

View this post on Instagram

Fujin Tree Original China Shoes in white

A post shared by Fujin Tree 355 (@fujintree355) on

一方、台湾出身の Eri も、販売されているチャイナシューズを見て驚きを覚えたと言います。

Eri
「わたしを含め、台湾の若い人たちにとって、チャイナシューズはあまり身近じゃありません。観光地で売られていることが多いのですが、台湾の人たちはそういったエリアには行かないので、触れる機会がないんですね。なので、セレクトショップで販売されているチャイナシューズを見たとき、『あ、チャイナシューズってこんなにかわいいんだ』と、その魅力を再発見したような感じでした。」

Eri、台湾にて。

ヘルシーで、かわいさに気分も上がる

また、 Moe は、道行く台湾の人たちを見て気づいたことがありました。

Moe
「その頃、わたしはヒールのある靴しか履いていなかったのですが、台湾ではペタンコの靴を履いている人が多かったんです。その様子を見て、ラクそうだし、自然な感じがしていいな、と。」

Moe
布製でペタンコのチャイナシューズを履いたときの気持ち良さやラクさは、とてもヘルシーな感じがするし、刺繍のかわいさが気分もあげてくれるので、ぜひ DAYLILY でも販売したいと思ったんです。

「わたしにぴったり」 がきっと見つかる

こうして、チャイナシューズを販売することにした DAYLILY。
台湾にあるいくつものメーカーさんを訪ねた結果、刺繍が一番かわいくて靴底の品質もよかった、台南のメーカーさんのものを扱っています。

靴底がつけられる前。刺繍がかわいい♡

柄も色も豊富に取り揃え、サイズも22.5~25.5センチまでご用意。「わたしにぴったり」と思える一足がきっと見つかりますよ^^

左から、白百合、灰唐草、青椿、赤唐草

気持ちよく履ける。かわいい刺繍に気分もあがる。
チャイナシューズは、DAYLILY の思う「ヘルシー」を叶えてくれる、素敵なアイテムなのですね♪

つづく後編では、 DAYLILY で働く Sister たちに、普段どんな服にチャイナシューズを合わせているか見せてもらいました♪
「チャイナシューズはかわいいけれど、ちょっと派手かな…」「服に合わせにくそう…」と感じている方、ぜひ読んでみてください^^

また、足のサイズや形による着用感も併せて教えてもらいましたので、オンラインストアでご購入いただく際の参考にしていただければと思います!

後編もどうぞお楽しみに!