夏バテ予防に漢方の知恵🍉漢方薬剤師が教える今すぐできる夏の養生習慣🌞

こんにちは!漢方薬剤師でDAYLILYの顧問をしている柳沢侑子です。

ジメジメムシムシ、暑い日が続きますね。 
夏は好きだけど、暑さでバテしてしまう…という方も多いと思います。今回は元気に夏を楽しめるよう、今すぐ出来る養生法やスーパーで買えるおすすめ食材、スペシャル薬膳食材をお伝えしたいと思います✨

ほてった体をスイカでクールダウン🍉

スイカは暑気払いに非常に優秀な食材で薬膳の夏の定番。
「天然の白虎湯(熱をとる力のある漢方薬)」ともいわれ、体にこもった熱をとり、喉の渇きとる働きがあります。暑い日はアイスの代わりにスイカを食べてみましょう!

漢方スープ

胃腸に優しい温かいスープ🍲

ジメジメした気候は胃腸にダメージがきます。そんな中で、「ガッツリお肉を食べて元気をだそう」という思考は逆効果。余計に胃腸に負荷がかかります。素麺など冷たい麺系もNGです。胃腸の働きが悪くなると食べたものからエネルギーを吸収できず、元気が作られません。

夏バテの時こそ、胃腸を元気にする食材、お米、ジャガイモ、サツマイモ、カボチャ、大豆などを使って消化によい温かいスープやお粥を食べましょう。

夏〜秋におすすめのスペシャル薬膳食材✨

この夏、是非とりいれてほしいのが仙草(せんそう)です🌿
シソ科の植物で、体にこもった熱をとり、喉の渇きを抑える働きがあります。昔から暑気あたりに使われている植物で、台湾では仙草ゼリーは夏の定番スイーツで大人気です🌞

もうひとつおすすめが、白木耳(しろきくらげ)。
汗を沢山かくと体の潤いがなくなってしまい、秋の乾燥肌や咳のカゼなど、乾燥にまつわるトラブルの原因になります。白きくらげは潤いを補い乾燥対策をしてくれ、さらに美容の定番薬膳素材でもあるので、うるツヤ肌にしたい方も是非!

冷たい食べ物はどこまでok

暑いとかき氷、アイス、冷えたビールなど、冷たいものが美味しく感じますが、養生の基本は体温より低いものはNG。

でも、出先で楽しみたい時もありますよね。個人的にはたまに冷たいものを食べるぐらいはokだと思っています。養生を続けるコツはストレスなく習慣にすること。冷たいものを食べてしまった後は、温かい飲み物を飲むなどでバランスをとり、無理なく養生生活を楽しみましょう🎵

【そのほか夏のおすすめの記事🌴】
夏におすすめ!飲んでも食べてもおいしいアジアのハーブティー「仙草茶」が新登場

ネクストタピオカミルクティー?!「白木耳ミルクティー」が7月17日より販売開始🎉 お取り寄せも可能に✨

【DAYLILYのアレンジレシピ】甘酒杏仁ソイミルク& まるでマカロン!?な棗サンド〜DAYLILY的ヘルシー甜点編

— 柳沢 侑子 プロフィール —
DAYLILY顧問
薬剤師/国際中医専門員/国際中医薬膳管理師

外資系製薬会社に勤務していた時に体調を崩したことがきっかけで、漢方、サプリメント、アロマなど代替医療に興味をもつ。その後中医学(中国伝統医学)に出会い、本格的に中医学・漢方・薬膳の勉強を開始。日本で中医学を普及させた第一人者や本場中国での研修を経て国際中医専門員を取得。年間1万人以上が訪れる中医学のパイオニアである漢方薬局で修行を積み、一般社団法人女性の中医学普及会を設立。現在は家庭で出来る漢方・薬膳の知恵を伝えている。漢方相談は>>こちら

Blog / twitter / instagram / youtube 

KobayashiMoe

DAYLILY CEO & Co founder 台湾の漢方薬局に生まれたYi-tingと共にDAYLILYをはじめました🙌 好きな食べ物は「四神湯」です。みんなと一緒に気持ちよくヘルシーでありたいです。